EXHIBITION

  • 菅井 汲 展 / Kumi Sugai Exhibition
  • 菅井 汲 展 / Kumi Sugai Exhibition
  • 菅井 汲 展 / Kumi Sugai Exhibition

KUMI SUGAI EXHIBITION
2020.02.14 – 2020.02.29

このたび川田画廊では菅井汲の展覧会を開催いたします。

 

菅井 汲(1919-1996)は大正8年神戸市東灘区御影町に生まれ、昨年生誕100年を迎えました。

大阪美術学校で学んだ後、阪急電鉄宣伝課でグラフィックデザイナーとして活躍。
その一方で日本画家の中村貞以、具体美術協会の吉原治良に師事しました。

 

地元神戸では名門である甲南学園のマークを制作した人物としても知られています。

 

1952年渡仏後、東洋的なエキゾティシズムをたたえるものとして、パリ美術界で高く評価されましたが、本人は「1億人の日本人からはみ出した存在でありたい」という強い意志のもと、生涯を通じて常に独創性を求め、新たな絵画に挑み続けました。

 

昨年生誕100年を迎え、芦屋市立美術博物館、BBプラザ美術館での企画展が開催されるなど、

世界的アーティストとして再評価の機運が高まっています。

 

今なお注目される菅井汲の作品を再確認したく、展覧会を開催する運びとなりました。

 

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

 

 

菅井汲 略歴

1919年 兵庫県神戸市東灘区御影町に生まれる
1933年 大阪美術学校(枚方)に通う
1937年 阪神急行電鉄株式会社に就職(1949年頃退社)
1952年 渡仏
1953年 今井俊満、田淵安一、ヴァロールズと4人展開催
1955年 第40回カーネギー国際美術展(ピッツバーグ)出品
1959年 第3回リュブリアナ国際版画ビエンナーレ出品、ザグレブ市近代美術館賞受賞
1960年 第2回東京国際版画ビエンナーレ展出品、国立近代美術館賞受賞
1962年 第31回ヴェネツィア・ビエンナーレ出品、デイヴィッド・E.ブライト基金賞受賞
1963年 「現代絵画の動向―西洋と日本」展(国立近代美術館京都分館)出品
1965年 第8回サンパウロビエンナーレ出品、外国作家最優秀賞受賞
1966年 昭和40年度芸術選奨文部大臣賞受賞
1973年 「戦後日本美術の展開―抽象表現の多様化―」展、(東京国立近代美術館)出品
1976年 「菅井汲全国展」(現代版画センター主催、国内各地100以上の画廊等に巡回)
1983年 (-1984年)「菅井汲展―疾走する絵画、明快さの彼方へ」(西武美術館ほか)
1986年 「前衛の日本 1910-1970」展(パリ国立近代美術館)出品
1992年 「菅井汲展」(大原美術館)
1996年 心不全により77歳で死去、紫綬褒章受章
2000年 「菅井汲展」(兵庫県立近代美術館、東京都現代美術館)

 

 

ARCHIVE

Venue 川田画廊
Session 2020.02.14 – 2020.02.29